「サイコロサイコ 第五の出目」不幸に愛され、愛した少女【感想・評価・レビュー】

ホラー

他人を巻き込むメンヘラの闇。不幸な私を見て欲しい。

今回紹介していく作品は、不幸に憑りつかれた少女の物語「サイコロサイコ 第五の出目」。誰もが同情したくなるような境遇で生きてきたヒロイン「災子」のお話です。

彼女も自身の不幸を認め、周りの人間まで不幸になってしまう薄倖の少女。

ただただ不幸な少女の物語で、主人公と同じ状況なら誰もが災子を救ってあげたいと思うでしょう。

そんな少女に手を差し伸べる恋愛ADVゲームなので、サイコパスの要素はありません・・・。と、言いたいところなのですが、その不幸な状況を他人から同情の目で見られたことで彼女の意識が変わっていきます。

結末で災子が選んだ行動は、あなたの思考を一瞬停止させてしまうでしょう。

他の出目の物語に興味をお持ちの方はこちらから確認してください。「サイコロサイコ」全ての出目のヒロインまとめ トキメキと恐怖が交わっていく

(※この作品は流血・グロテスク・風刺的・ショッキングな内容が多く含まれます。苦手な方・15歳未満の方は、プレイ・閲覧しないでください。)

それでは不幸な少女の物語「サイコロサイコ 第五の出目」の面白さを、感想と共にレビューしていきますのでお付き合いください。

※少なからずネタバレを含みますので、未プレイの方はご理解の上お進みください。




かんたんなあらすじ紹介!

主人公のめたろーは私立高識学園に通う高校二年生。同じ学校には幼馴染の雪丸と七七がいる。2人は恋人同士だ。

そんな僕は毎朝、校舎に入る前にわきにある花壇を覗いてみる

大量にピンクの花が咲き乱れている花壇は、いつも彼女が手入れをしている。

彼女の名前は災子。出会いは新学期に水やりをしていた彼女に声をかけられたのがきっかけだった。

少しどんくさくて、間が抜けていて、クラスメイトからもからかわれるような女の子。

そんな彼女は根っからの不幸でツイてない。周囲の人間を巻き込むほどに・・・。それは災子も認めている。

かわいそうで、ほっとけなくて、そんな彼女を救ってあげたい。彼女の人生に手を差し伸べてしまった事から、災子との不幸の物語は始まっていく。

この作品の楽しみ所!

他人すら不幸にする呪われた人生

ヒロインの災子は、誰もが同情するほど不幸の連続。下駄箱には大量の不幸の手紙、交通事故、両親の借金を背負うなど、様々な不幸が襲い掛かってきます。

車にはねられて骨が折れた時も、「お父さんに怒られる。」という理由で救急車を拒否するほど劣悪な家庭環境。

全てが不幸な災子と同じ境遇になりたいと思う方は1人としていないでしょう・・・。

そしてその不幸は周りの人間にも影響を及ぼし、関りを持った人にも危険が及んできます。

危険な目にあった主人公に、大粒の涙をためて「もう近づかないで」と言い放ち、走り去っていく姿は「助けてあげたい。」と思わせるには十分な優しさでした。

守ってあげたくなるほどか弱い少女の不幸な人生を覗いてみていただきたい。プレイした方は、関わってしまった事に後悔してしまう結末が待ってますよ。

優しくて純粋な災子の可愛さ

綺麗でピンク色の髪をお団子にしている災子は、天然でドジっ子。男なら守ってあげたいと思うような可愛さが知るほどに伝わってきます。

自ら望んで花壇を手入れし、花を愛する優しい心と笑顔は誰もがからかいたくなるほど可愛い。

そしてその優しさは、災子にとって大切な存在であるめたろーに危険が及ばないように泣きながら遠ざけてしまうほど・・・。

涙をためて深刻な顔をしたと思ったら、スイーツの一つで笑顔を取り戻す素直さも魅力的でした。

自分の不幸にずっと抗って、助けを求める事すらできない女の子をほっとくことは出来ないでしょう。(無視出来る鋼メンタルの方は、災子の可愛さと勝負していただきたい!)

そんな彼女の笑顔・泣き顔・困った顔・しあわせだと言い切った時の最高の笑顔をぜひ見てください。




呪い・同情・彼女は不幸に酔いしれる・・・。

物心ついた時から不幸を呼ぶ体質だと自覚している災子。そんな彼女には不幸になった心当たりが1つだけありました。

幼い頃に遊んでいた「呪いごっこ」。タッチしたら呪いが伝染る鬼ごっこのような遊び。

ただの遊びだと思って誰にもタッチせずにいた事で、全ての呪いを背負ってしまったのだと・・・。

彼女の不幸は身の回りだけで起きることだけではなく、家庭環境も恵まれていませんでした。

父親は仕事が続かずギャンブル好きの浪費家、そして母親は怪しい宗教にハマってしまい、借金まみれでケンカの絶えない家庭。

そんな災子に向けられる同情の目が、彼女に一つの感情を芽生えさせます。

両親の死、不幸を受け入れ続ける災子、そして幸せを手に入れたときにとった彼女の行動。

すべての謎が明らかになった時、彼女の異常性に気付くことになるでしょう。

まとめ

サイコというよりは、究極のメンヘラと感じてしまう災子の物語「サイコロサイコ 第五の出目」は、完全に作者の意図にハマってしまった作品です。

災子の可愛さが守ってあげたくなる感情を抱かせ、素直に助けを求めずに一人で背負ってしまっている姿を見ているとほっとけませんでした。

それが災子の求めていたものだと気付いた時にはエンディング。掌の上で転がされていたとわかった瞬間「やられた・・・。」と思ってしまいました。

ここまで異常性はないにしろ、災子のような人はあなたの周りにも一人はいるでしょう。

メンヘラの女性の心の闇を知るために、男性にはぜひプレイしていただきたいと思います。

全てのヒロインをまとめた記事も書いてますので興味を持ったら覗いてください。「サイコロサイコ」全ての出目のヒロインまとめ トキメキと恐怖が交わっていく

最後にCHARONさんの公式サイトのリンクを貼っておきます。こちらからプレイ出来るのでぜひのぞいてみてください。(公式サイト/Twitter




「サイコロサイコ 第五の出目」災子の設定資料集

現在、DLsiteでサイコロサイコ-第五の出目-の公式ダウンロード設定資料集「サイコロ災子 – シャクナゲ」が販売されています。

限定イラストを含め、設定資料・キャラクター原案・未公開イラスト・制作秘話などを収録しているので、よりサイコロサイコの世界が楽しめます。

PC・スマホで楽しめるので、興味が歩い方は覗いてみてください。※ネタバレ要素が含まれているので、ぜひプレイ後に楽しんでください。

 

タイトルとURLをコピーしました