「サイコロサイコ 第四の出目」最恐にサイコパスなヒロイン【感想・評価・レビュー】

ホラー

彼女は手に入れるために殺め続ける。数字を、そして青春を。

今回紹介していく作品は動画投稿サイトの再生数に憑りつかれたUTuberの物語「サイコロサイコ 第四の出目」。男性の方にはシリーズ最恐の作品になるでしょう。

今作のヒロインは祭子。あるきっかけで学校を不登校になり、UsaTube(ウサチューブ、略してユーチューブ)に自分の居場所を見出している女の子です。

この作品は猟奇的で性的な文章を多く含んでいて、かなりサイコパス。再生数に憑りつかれ、復讐すらもその糧にした狂気の物語。

幼い頃、知らず知らずのうちに誰かを傷つけた心当たりのある方はぜひプレイしていただきたい。

他の出目の物語に興味をお持ちの方はこちらから確認してください。「サイコロサイコ」全ての出目のヒロインまとめ トキメキと恐怖が交わっていく

(※この作品は流血・グロテスク・風刺的・ショッキングな内容が多く含まれます。苦手な方・15歳未満の方は、プレイ・閲覧しないでください。)

それではサイコパスな配信者の物語「サイコロサイコ 第四の出目」の面白さを、感想と共にレビューしていきますのでお付き合いください。

※少なからずネタバレを含みますので、未プレイの方はご理解の上お進みください。




かんたんなあらすじ紹介!

主人公のめたろーは私立高識学園に通う高校二年生。幼稚園からの幼馴染の雪丸と七七は、高校に入ると付き合いだしたようだ。

彼女もいない。2人のように青春と呼べる刺激もない。そんなつまらない毎日を送っている。

後、やることもないので近くの公園に寄ってみると、元気に遊ぶ子供たちに紛れて1人の女の子が三脚に向かって話しかけていた。

すると彼女は突然声をかけてきた。彼女の名前は祭子。人気の動画サイトUsaTubeに「ハナビシチャンネル」という名前で動画を投稿しているUsaTuberらしい。

祭子はお手伝いが欲しかったらしく、僕は協力する事にした。

撮影が終わって家に帰った後、祭子の事を調べてみると、登録者58万人の大物UsaTuber。

次の日も学校が終わると、祭子に会えることを期待して公園へと向う。そしてそこに新しい企画を撮影しに行く途中の祭子が現れた。

ここから祭子との物語が始まっていく・・・。

この作品の楽しみ所!

人気配信者の楽しさと辛さ

今作のヒロインは、58万人もの登録者を誇る人気ユーチューバー。投稿を始めたのは病んで自分に自信を持てなかった12歳くらいからで、他の人と違う事をしたくて始めたとの事。

UsaTubeに自分の居場所を見つけ、多くの人に楽しんでもらって有名になりたいと思っている祭子に共感する方も多いでしょう。

検証系ユーチューバーの祭子は、風船で空を飛べるか試したり、心霊スポットに足を踏み入れたりと、多くの人が興味を持つ内容を企画として実行していきます。

楽しそうに撮影する姿、数字と向き合って苦悩している姿の裏表を見ることが出来るので、動画投稿に興味を持っている方は楽しめるはず。

そして再生数や認知度を上げるために禁断の領域へ足を踏み入れ、サイコパスへと変貌した祭子の結末を楽しんでいただきたい。

前向きで、活動的な祭子の可愛さ

露出が多めの服に明るめの橙色のポニーテールの特徴的な姿の祭子は、いつも元気で楽しそうな表情は知っていくたびに可愛さが伝わってきます。

少年の様な純粋な笑顔を見せたかと思いきや、目に飛び込んでくる大きな胸が少女だという事を認識させるので、そのギャップがたまらない。

笑顔多めのコロコロ変わる表情は、祭子の最大の魅力と言っていいでしょう。

ユーチューブについて語るときは真面目になるところも好感度が高い。

そんな彼女も初めは人気者になるため、バカにしたやつらを見返すため、望んでた青春を手に入れるためにユーチューブを始めました。

自分のために始めたユーチューブだったのですが、自分の頑張りで観ている人が笑顔になって欲しい、笑っていやなことを忘れて欲しいという思いに変わった純粋さも見ていただきたいです。

 




復讐、そして公開処刑。恐ろしすぎる生配信

今では人気ユーチューバーの祭子ですが、病んで登校拒否になっていた時期があります。

加害者は簡単に忘れてしまうのに、被害者は一生忘れられない心の傷として残る。そしていつか復讐しようという闇の部分も祭子は持っていました。

「サイコロサイコ 第四の出目」では復讐・欲望・動画の数字に憑りつかれた狂気など、様々な闇がBADENDで表現されているのでご注意を。

めたろーの息子を切り取り、七七の下部に無理矢理突っ込むなどの表現も出てくるので苦手な方は不快感を覚えてしまうかもしれません。

そして数字を取るために行う、復讐を映し出す狂気の生配信ライブ。もちろんそれは最悪のシナリオです・・・。

復讐と数字に憑りつかれたサイコパスの結末。興味のある方はどうぞ。

まとめ

精神的よりも直接的なサイコパス表現が多かった「サイコロサイコ 第四の出目」は、個人的に一番恐怖を感じた作品でした。

祭子とめたろー達の関係性は終盤に明らかになっていきます。

BADENDに進む度に豹変する祭子は、それまで無邪気だっただけに怖さが増していました。

男性の方がプレイする時は、股間を抑えてしまう場面もあるのでご注意を。

この下の画像で祭子が持っているキュウリスライサー。彼女はどのように使おうとしてるのか想像できるでしょうか?

答えは本編の中に・・・。

全てのヒロインをまとめた記事も書いてますので興味を持ったら覗いてください。「サイコロサイコ」全ての出目のヒロインまとめ トキメキと恐怖が交わっていく

最後にCHARONさんの公式サイトのリンクを貼っておきます。こちらからプレイ出来るのでぜひのぞいてみてください。(公式サイト/Twitter




「サイコロサイコ 第四の出目」祭子の設定資料集

現在、DLsiteでサイコロサイコ-第四の出目-の公式ダウンロード設定資料集「サイコロ祭子 – ハナビシソウ」が販売されています。

限定イラストを含め、設定資料・キャラクター原案・未公開イラスト・制作秘話などを収録しているので、よりサイコロサイコの世界が楽しめます。

PC・スマホで楽しめるので、興味が歩い方は覗いてみてください。※ネタバレ要素が含まれているので、ぜひプレイ後に楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました