美人過ぎる殺〇鬼!「あゆめスイセン メンヘラフレシア」【感想・評価・レビュー】

PC

想い続けた美女が求めたのは、主人公の・・・。

ど~も!ぷちなま(@Gamer’s Life)です。

今回はCHARON氏のヤンデレホラー作品「メンヘラフレシア」の物語の一つ、「スイセン」の物語についてレビューしていきます。

この物語ではいたろーは学生ではなく社会人。そしてヒロインは、いたろー行きつけのBARに現れる女優「蔵取あゆめ」。

大人の色気全開の女性な上に、完璧すぎるボディライン魅力的すぎる・・・。

しかしこの物語はグロ注意作品! 彼女の可笑しな趣味を知った瞬間絶望する事でしょう。

それでは「あゆめスイレン」の面白さと怖さを、感想と共にレビューしていきますのでお付き合いください。




かんたんなストーリー紹介!

仕事終わりの夜。主人公のいたろーは、行きつけのBARに入るといつもの席へ座った。

この店に現れる女優の『蔵取あゆめ』に、いたろーは恋をしているのだ。

「隣、いいかしら?」

他に席が空いてなかったらしく、片思いの彼女と夢のような時間を過ごしていく。

そしてまた、いつものBARで再開し、想いを伝えるが・・・。

「あゆめスイセン」の楽しみ所!

大人の魅力が伝わってくるあゆめが美しい!

まずはヒロインの女優「蔵取あゆめ」の魅力について語っていきましょう。

見た瞬間目に飛び込んでくる長い金髪と青い瞳、そして最高過ぎるボディラインは女性としての魅力がしっかり伝わってくる超絶美人!

落ち着いた雰囲気でいたろーを子ども扱いする一面は、お姉さん好きにはたまらないでしょう。

そんな彼女と偶然のきっかけから知り合い、会話の中で失恋している話を聞いてしまいました・・・。

ちょっと強引に誘ったホテルで、彼女がシャワーを浴びる待ち時間を楽しみましょう。

ドキドキの展開!あゆめとホテルで・・・。

ある雨の日、あゆめがずぶ濡れで泣いているのを偶然見かけたいたろーは、傷心の彼女をホテルに誘ってしまいます。

普段のクールな印象とは違い、か弱い女の子のようなあゆめはギャップからか非常に可愛い!

「こんな、弱ったお姉さんとこんな所へ・・・。襲われちゃうかもしれないわよ?」

憧れの彼女にホテルという場所でこんなこと言われたら、先に進まない男はいないでしょう。

そして、シャワーを浴びたあゆめが可笑しな趣味を明かしました。

「私の大好きな、手錠と・・・。ロープで、坊やの手足を拘束するわ。」

この後の流れは多くの方が良い方に想像したと思いますが、彼女が取り出したのはメス・・・。

彼女の可笑しな趣味は、かなりグロ注意なのでプレイする際はお気をつけて。

あゆめが狂った過去の事件・・・。

HAPPYEND後に語られるのは、あゆめが小学生時代に体験した悲しい事件の物語。

ふつうの家に生まれ、ふつうの暮らしをして、ごく、ふつうの生活を送っている少女だったんです。

そんな彼女が壊れてしまうきっかけになったのが、赤く染まってしまった部屋の中・・・。

あゆめがいたろーの行きつけのBARに通っていた理由もそこで明らかになっていきます。

残忍な殺〇鬼に変わり果ててしまった、あゆめの壮絶な人生を覗いてみてください。

まとめ・感想

今回は「メンヘラフレシア」の一話「あゆめスイレン」をプレイしてきたのですが、CHARONさんの描く美女というのはたまらなく魅力的でした。

傷心で泣いている彼女をホテルに誘うという大人のシチュエーションから、猟奇的な結末を迎えるなんて想像できませんでした。

かなりグロいので画像には載せてませんが、彼女が持っていたいたろーの○○は衝撃的です。

ぷちなまでもお腹がムズムズするほど閲覧注意なので、苦手な方はご注意を・・・。

「メンヘラフレシア」ヒロインまとめのレビュー記事はこちら




タイトルとURLをコピーしました