最狂の自〇ヒロイン!「まつりマツリカ メンヘラフレシア」【感想・評価・レビュー】

PC

大好きな彼氏に求めた幸せ。私を壊して・・・。

ど~も!ぷちなま(@Gamer’s Life)です。

今回はCHARON氏のヤンデレホラー作品「メンヘラフレシア」の物語の一つ、マツリカの物語についてレビューしていきます。

ヒロインはメンヘラフレシアのタイトル画面にも登場している「まつり」ちゃんなんですが、CHARON作品の中でもかなりヤバすぎるヒロインでした。

可愛さやエ〇要素も持ち合わせており、エンディングも衝撃的すぎる・・・。

それでは「まつりマツリカ」の面白さと怖さを、感想と共にレビューしていきますのでお付き合いください。




かんたんなストーリー紹介!

主人公のいたろーは学校の教室で外を眺めていると、突然一人の少女が声をかけてきた。

話しかけてきたのはクラスメイトのまつり。先ほどゆきまると話していた好きな女の子のタイプの会話を聞いていたらしい。

「明るく元気で活発な女の子がタイプって、ここにいるじゃん!」

半ば強引にデートをすることになり、二人の距離は縮まっていくが・・・。

「マツリマツリカ」の楽しみ所!

積極的で明るいまつりの可愛さ

まずはマツリマツリカのヒロイン「まつり」の可愛さについて語っていきましょう。

赤いミディアムヘアに女の子らしい髪飾り、ショートパンツにニーハイという可愛すぎる格好が魅力的な女の子です。

まつりに興味を示さないいたろーにグイグイ迫ってくる感じは、女性経験の少ない方ならイチコロでしょう。

デートでは勝手に腕を組んできたり、キスをねだってくるなど性的な事にもグイグイ来ます!

ちなみにまつりは自分のことを「僕」と呼ぶボクっ娘なので、積極的な女の子の可愛さと共に楽しんでいただきたい。

夜に起きる異変、その先に待ち受ける恐怖

まつりとのデートで誘いに疲れ切ったいたろーが、家に帰って眠りにつこうとすると違和感を感じました。

一人暮らしなのにどこからともなく感じる視線・・・。

初めは気のせいかと思っていたいたろーですが、その正体がわかった時には恐ろしい結末を迎えていました。

毎晩のように見るまつりとのエッ〇な夢は、いたろーの欲求が生み出した幻かそれとも・・・。

そしてまつりの愛に応えるか拒むかで、大きく運命が変わっていくのでよく考えて答えを出しましょう。

HAPPYEND後に語られるまつりの過去

HAPPYEND「形のないもの」に辿り着くと、まつりの心に傷が生まれた過去の物語を知ることができます。

幼い頃のまつりが心に抱えていた闇。勝手なイメージを押し付けられ、周りの印象と違いすぎる本当の自分・・・。

きっとあなたがまつりに抱いた印象は、そのまま彼女を傷つけてしまう事だったとわかるでしょう。

幼い頃のまつりが心にどんな傷を負っていたのか、そしていたろーを求めて望んだ結末、全てが明らかになるので、ストーリーをしっかり楽しんだ後に覗いてみましょう。

まとめ・感想

今回は「メンヘラフレシア」の一話「マツリマツリカ」をプレイしてきたのですが、メンヘラ少女の可愛さと怖さが凝縮して詰め込まれた素晴らしいストーリーでした。

まつりの積極的で明るい性格は、奥手な男性には理想的な女の子になること間違いないでしょう。

幼い印象の割には魅力的な胸を持っている他、積極的にエッ〇な行動をしてくるのが最高です。

HAPPYENDも衝撃的ですが、もう一つの結末は目を覆いたくなるほど恐ろしい狂気が見れるのでご注意を!

「メンヘラフレシア」ヒロインまとめのレビュー記事はこちら




タイトルとURLをコピーしました