記憶喪失の少女は怪物の・・・。「Myosotis(ミオソティス)」【感想・評価・レビュー】

BOOTH

愛する人を支え続けた一人の老人。結末は最悪のものに・・・。

ど~も!ぷちなま(@Gamer’s Life)です。

今回プレイしてきた作品は、記憶喪失の少女が怪物の潜む家から脱出を目指す「Myosotis(ミオソティス)」。

制作者のドッド工房氏が配信されている、フリーホラーアドベンチャーゲームになります。

閉ざされた建物内で徘徊している怪物から隠れながら探索していくゲームなんですが、狭い空間だけに追われるときの怖さはかなりのもの。

何よりもストーリーが衝撃的すぎて、鬱ゲーと言っても過言ではないでしょう。

そして真実が明かされた瞬間、後悔と恐怖が一気に襲い掛かってきました・・・。

それでは、怪物のいる家から脱出方法と真実を探し出していくゲーム「Myosotis(ミオソティス)」の面白さを、感想と共にレビューしていきますのでお付き合いください。




かんたんなストーリー紹介!

主人公は記憶喪失の少女。怪物が毎日注射を打ちに来る。

注射を打たれるとめまいと吐き気がして、私が私でなくなっていく・・・。

逃げ出す方法を探さなきゃ。

調べていくうちに明らかになっていく怪物の正体。

少女は注射器を持った怪物がいる家の中で、脱出する方法を探していく・・・。

「ミオソティス」の楽しみ所!

注射器を持った怪物に追われる恐怖

目覚めた少女が家の中を歩き回ると青色の怪物が現れ、執拗に追いかけてきます。

決して広いとは言えない部屋の中でいきなり現れる怖さ、追われる恐怖がしっかりと体感できました。

怪物の目的は少女の身体に注射器で薬を体内に入れる事。(HPゲージが注射器で薬が投与された量を表現しているのが良い!)

認識される距離は短めですが、一度見つかるとマップ移動しても追いかけてくる所が怖いですね・・・。

部屋の中を調べている時でもいつ現れるかわからないので、常に緊張感をもってプレイしていただきたい。

謎解きから明らかになっていく真実

少女は脱出方法を探すために、家の中を移動しながらアイテムや情報を集める必要があります。

鍋や食材を集めて空腹を癒したり、足場を移動させてアイテムを見つけたりしていくのですが、難易度は決して高くありません。

しかし最後のダイヤルロックだけは記憶力が必要になってきます。(メモを用意しておくと非常に便利!)

日記やアルバムなどから暗証番号を見出していかなければならないんですが、それと共に怪物の家族構成や正体が明らかになっていきました。

そして台所で育てられているミオソティスの花言葉「真実の愛」「私を忘れないで」はこの物語の真相という事に気付くでしょう。

 

 

怪物の正体。それは・・・。

探索をしながらストーリーを追っていくと、怪物には家族がいる事や愛する人がいることがわかってきます。

アルバムから息子と孫までいる事、身分証明書からは年老いた老人であることわかりました。

本棚には医学や薬剤、資格に関する本が並んでいるので、薬に詳しかったのでしょう。

そして毎日書かれている日記からは、この家で幸せに暮らしていたころを取り戻そうとしている怪物の日々が綴られていました。

その真相は結末に辿り着いたときに全てが繋がり、少女や怪物の正体、そして衝撃の真実を知ることになるのでお楽しみに!




「ミオソティス」のここが残念・・・。

怪物から逃げながら謎解きをしなければならない「Myosotis(ミオソティス)」なんですが、正直残念と感じる部分はありません!!!

部屋の入口が一つなので怪物がいなくなるまで足止めを食らってしまう感覚はありましたが、この作品が見つからないように隠れながら探索をしていくゲームなので逆に魅力なんですよね。

少女の移動速度は速いんですが操作性が良く、ぬるぬる動くのも素晴らしい!

難易度も選べるので、苦手な人でも楽しむことが出来る・・・。

残念な部分を見つけられなかったのが、非常に残念です!

まとめ・感想

終われる恐怖と衝撃的な真実、そして良い意味で裏切られるストーリーが詰め込まれていた「Myosotis(ミオソティス)」は、結末が悲しすぎる神ゲーでした。

真実を理解した瞬間、背筋がゾワッとする怖さの後にクリアしてしまった後悔がドッと押し寄せてきます。

現実でも起こり得る恐怖と考えると、非常に恐ろしい。

怪物のかけがえのない人への愛情、優しさ、思いやりが伝わってくるのがせつない気持ちにさせられました。

この衝撃の結末は本当は書きたい!ネタバレして興味を持って欲しい!でも、プレイして同じ衝撃を味わっていただきたいと思います。ぜひ自身でプレイして真実を見届けてください。

最後に「Myosotis(ミオソティス)」のDLリンクと、制作者のドッド工房さんのブログ・Twitterのリンクを貼っておきますので、興味がある方は覗いてみてください。(「Myosotis(ミオソティス)」DLページ/ブログ/Twitter

(※ドッド工房さんのブログにはゲーム制作やブログ作成のやり方が詳しく書いてあるので、知りたい方は気になる記事を読んでみてください!とても参考になります!)




コメント

タイトルとURLをコピーしました