背筋の凍りつく恐怖!最恐と言える程に・・・。「零 zero」【感想・評価・レビュー】

ホラー

兄を探して訪れた氷室邸。そこは恐ろしい儀式の場

今回紹介するのは和風ホラーでかなり怖い「零 zero」。日本のホラーが精神的な恐怖感を与えることを実感させてくれた作品でした。

PS2という2世代前の作品なので今ほど綺麗な画質ではないですが、その粗さがより不気味に、そして恐ろしい雰囲気を醸し出しているので始めた瞬間から怖いです。

恥ずかしながら幼い頃、初めてプレイしたときは最初のムービーを見終わり、最初の敵を倒したあと投げ出してしまいました。(怖すぎて・・・。)

しかし怖いもの見たさで決意を決めてプレイ再開。自分の心臓の音がはっきり聞こえてくるほどドキドキしながらプレイしてました。

ホラー映画などとは違って、自分で操作しなければならないので恐怖感は何倍にもなります。

プレイしてみるとゲーム性とストーリーは素晴らしく、未プレイの方にはぜひ体感していただきたい神ゲーだと思いましたのでその魅力と怖さを書いていきます。

この作品の恐怖に耐えられる方はお付き合いください。




簡単なあらすじ紹介!

雛咲深紅雛咲真冬が主人公の物語。1986年9月24日、兄の雛咲真冬は取材中に行方不明となった作家・高峰準星を探すため、氷室邸に向かったまま消息を絶ってしまった。

妹の深紅は兄を探して単身氷室邸を訪れる。しかしそこは荒れ果てた日本家屋で、敷地内には巨大な池や中庭、神社などがあり、この地方の禁じられた儀式の伝説が残る廃屋だった。

深紅は兄の手掛かりを探して屋敷の中を進んで行くが、屋敷の中には様々な霊たちが徘徊している。逃げ惑う深紅の前に白い着物の女が現れ、そっと深紅の体に触れた。女が触れた後には縄のような痣が残っている。それは屋敷を訪れるものにかけられる呪いだった。深紅は死の呪いが成就する前に真冬を探し出し、脱出するため屋敷をさまよっていく。

零 zeroの楽しみ所!

和風ホラーでしか味わえない静かなる恐怖

日本の和風ホラーというだけあって、今回登場する敵は怨霊になります。海外ホラーのようなグロテスクな表現や大きな音などの直接的な恐怖ではなく、突然背後を何かが横切ったり、物が落ちたりなど静かな空間で背筋に走る恐怖がいろんな場面が詰め込まれてます。

古い日本家屋の廃墟を深夜に探索し、誰もいないはずなのに声が聞こえたり人影が見えたり・・・。といえば想像できるでしょうか?

今作の舞台、氷室邸はその不気味な雰囲気を見事に再現していました。そんな暗い廃屋を懐中電灯の光だけで歩き回らなければならないので怖さ倍増です。

さらにBGMは静かに鳴り響く不気味な音だけなので、ドアを開ける音や足音が以上に響きます。ちょっとした変化や人影、異変を知らせるコントローラーのバイブなど些細な変化で背筋が凍りつくのでプレイする方はしっかり心の準備を行ってください。

様々なところに潜む霊と襲い来る怨霊

今作の零 zeroでは襲って来る怨霊の他に、地縛霊や浮遊霊が登場してきます。怨霊とは違い襲って来るわけではないですが、撮影することで射影機を強化するためのポイントを稼ぐ事ができるようになっています。

まず、地縛霊は固定された場所から動くことはないが肉眼では見えず、フィラメントが青く反応する場所を撮影すると姿が浮かび上がってきます。

そしてプレイヤーを驚かすように登場してくる浮遊霊。特定の場所で急に現れるが、物語の謎を解くヒントや生還するための手掛かり、プレイヤーを手助けする言葉などを残していくこともあるので物語を進めていく上で重要な役割を持っています。

そしてプレイヤーに襲いかかってくる怨霊。明らかに異様な雰囲気を漂わせて登場し、射影機というカメラを使って戦闘を行うのですが非常に怖い!

霊なので実体がなく、壁や天井、床からも現れ、戦闘中見失ったときは音や声、微妙な変化で居場所を掴まなければなりません。

バイオハザードのようにザコを回避しようとスルーして別の部屋に行っても、壁をすり抜けて追いかけてくるので霊の特徴がしっかりと再現されていると感じました。

少女の霊や目が潰れた女性の霊、氷室邸に訪れ犠牲になった霊など様々な怨霊が登場しますので、自身でプレイして確かめてください。




徐々に明らかになる氷室邸の秘密

今回の舞台になる「氷室邸」は禁じられた儀式の伝説が残る廃屋として扱われていて、その真実は謎に包まれている。

ネタバレを極力防ぐため、簡略的に紹介しますが、代々氷室家は縄の巫女を立て「裂き縄の儀式」が行われており、黄泉の門を封じ込める神殿としての役割を持っていました。

しかしこの儀式が失敗して以来、敷地内は黄泉の瘴気と呪いに満ちて悪霊が溢れ出す空間となってしまっています。

そしてこの氷室邸では最後の縄の巫女「霧江」という女性の恋心が生んだ悲しくも残酷な物語がありますのでその全てを解き明かしていただきたいと思います。

この氷室邸で行われた事で私が特に恐ろしいと感じたのは「目隠し鬼の霊」。縄の巫女を選ぶために行われる目隠し鬼の儀式における鬼の役を担った霊なのですが、眼球の部分に杭のついた仮面をかぶらされるので両目を失い、縄の巫女となる少女たちを探すのですが、その衝撃的なシーンはしばらく寒気と鳥肌が止まらなかったです・・・。

零 zeroの残念だった点。

字幕が出ない上に声が小さい

会話やテキストなどはあるのですが、ムービーでは字幕がなく深紅の声が小さく聞こえにくいと感じました。物語を理解していく上で重要な部分でありながら効果音のほうが大きいので音量調節が難しいです。

解決方法としてはヘッドフォンを使うことですが、恐怖感が倍増しますので怖いのが苦手な方は少々辛いかと・・・

怖いのが好きな方は部屋を暗くし、ヘッドフォンを使ってプレイしてみてください。(その際、自室の扉やふすまなどは半開きにしないように。)

画面が暗いので見落としやすい。

他のシリーズ作品に比べて「零 zero」は画面がとても暗くなっていました。重要なアイテムを手に入れなければならない時などに開けられる場所がわかりにくい。

序盤では押し入れを開けることに気づくまで時間が掛かり、テンポが悪くなってしまいました。

物語を早く進めたいのに進められないのは非常にもどかしいです。

しかし画面が暗いことで集中していろんなところを見るため、ゲームに没入できるところは良いと思ったので一長一短な部分だと感じました。

回復アイテムが少ない

こちらは難易度的な問題ですが、この時代のノーマルモードは今の作品のハードモードくらいの難易度があると思います。

ゲームに時間を使える時間が少ないライトゲーマーの方にはサクサク進めない分、残念な所ではないかと・・・。

敵である怨霊も他の零シリーズよりも動きが速く、強いので操作が苦手な方は回復アイテムがなくなり、先に進めなかったという友人がいました。プレイする際は節約していただきたいと思います。

私的には初代バイオハザードでの物資不足に比べたらまだ許容範囲内でしたが、ゲームが好きだけど苦手という方は難しいと理解して挑戦してみてください

まとめ

和風ホラーゲームとして怖さが詰め込まれた作品でしたが、ラストまで進めるととても悲しい気持ちになる作品でした。

先程まで恐怖していた相手に対して、同情にも似た感情を持ってしまうのは、ストーリーを追うごとに霧江が置かれていた不遇の環境が見えていったからだと思います。

他の零シリーズに比べて難易度が高く、操作性やカメラアングルに癖がありましたがシリーズ最恐と言えるほど怖いです。

ストーリーの良さに加えて謎解き要素や様々な仕掛けがよく作りこまれている上に、怨霊と戦闘中のどこから現れるかわからない恐怖がしっかり表現出来ていました。

私と同じように怖いもの見たさで始める方はご注意ください。

しかし全てがしっかりと作りこまれた神ゲーなので、未プレイの方はこれをきっかけに挑戦してみてください!

 




 

コメント

タイトルとURLをコピーしました