PCエンジンHuカードタイトルまとめ!ゲームソフトカタログ一覧その④

PCエンジン

プレミアソフト~PCエンジンを代表するタイトルまで紹介!

ど~も!ぷちなま(@Gamer’s Life)です。

「PCエンジン」で発売されているタイトルまとめとして、今回は発売日順から61~80作品のHuカードを紹介していきます!

Huカード・SUPER GRAFX・CD-ROM²・SUPER CD-ROM²・高額レアソフトまとめ・非公認ソフトもまとめていきますので、PCエンジン好きの方は楽しみにしておいてください。

それでは1987年に発売された名機「PCエンジン」のHuカードタイトルを61~80まで紹介していきましょう!




Huカードタイトル No.61~70

ならず者戦闘部隊 BLOODY WOLF

発売日/1989年9月1日 価格6500円 メーカー/データイースト ジャンル/アクション

謎の傭兵部隊に拉致された大統領を救うため、敵地へ乗り込むアクションシューティングゲーム。

男くさい世界観と個性的な敵キャラが戦場を再現しているのだが、どこかバカっぽくてなぜか笑える作品。

作りこみは素晴らしく、敵は倒すと出血して倒れる動きをするほか、戦場をバイクで駆け回ることも出来る。

知る人ぞ知る名作アクションシューティング。

オーダイン

発売日/1989年9月8日 価格6800円 メーカー/ナムコ ジャンル/シューティング

アーケードで稼働していたナムコでは珍しい横スクロールシューティングゲーム。

可愛いらしいコミカルなステージと、色鮮やかで細かいグラフィックが目を引き、ノリのいいBGMが気分を盛り上げてくれる完成度の高い作品。

敵を倒して得られるお金で買い物をしてパワーアップできるなど、有利に攻略する方法があるので遊びやすい。

ぷちなまがアーケード時代から鬼のように遊んだオススメシューティング!

スーパー桃太郎電鉄

発売日/1989年9月15日 価格5800円 メーカー/ハドソン ジャンル/ボードゲーム

ファミコンで発売されていた桃太郎電鉄が大幅パワーアップしてPCエンジンに登場。

この作品からカードが追加され、運頼みのスゴロクゲームに戦略性が追加された。

貧乏神も本作が初登場!数多くリリースされるシリーズ作品の基盤が出来上がったなじみ深い作品です。

獣王記

発売日/1989年9月29日 価格6800円 メーカー/NECアベニュー ジャンル/アクション

様々なハードに移植され、主人公が獣人化する個性の強い横スクロールアクションゲーム。

はじめはヒョロヒョロの主人公が、アイテムを取るたびに筋肉質になっていき、最終的には獣人に変身するというぶっ飛んだ内容。

変身時にはカットインが入ったり、ステージによって変身する獣人が違うなど作りこみは素晴らしい。

かなり面白いが、不気味な世界観とグロい敵が苦手な方は要注意!

ダブルダンジョン

発売日/1989年9月29日 価格5500円 メーカー/メサイヤ ジャンル/RPG

非常に珍しい2人同時プレイが可能な3DダンジョンRPG。

全22ステージからなるシナリオは、最終シナリオ以外どこから遊んでもOK!

向いてる方向がわかるなど便利な部分もあってテンポよく遊べるが、基本単調でモンスター以外のグラフィックがすべて一緒など、残念な部分が多い。

同じグラフィックのダンジョンはマッピングが重要で、クリアまではかなりの根気と記憶力が必要!




デジタルチャンプ バトルボクシング

発売日/1989年10月13日 価格5800円 メーカー/ナグザット ジャンル/スポーツ

ジャブ・ストレート・必殺パンチで敵を倒すボクシングゲーム。

何よりも注目なのがその設定!主人公はミュータント、敵はマザーコンピューターゼアが作り出した全世界チャンピオンのデータを記憶したデジタルチャンプ。

デジタルチャンプのボクサーを使って全人類の完全制服を狙うゼアの陰謀を阻止するため、襲い来るクローンとデジタルチャンプを倒せ!というぶっ飛んだ内容。

戦闘画面では自身がパンチを繰り出す手がうつり、敵のボクサーは大きいので迫力は満点!

竜の子ファイター

発売日/1989年10月20日 価格5600円 メーカー/トンキンハウス ジャンル/アクション

漫画家の宮下あきらしがキャラデザインを務めた横スクロースアクションゲーム。

コミカルなキャラが武器と魔法を駆使して各地に散らばるタツノコを集める旅に出る。

何よりも驚いたのが、2頭身のキャラがなぜかボス戦になるとムキマッチョの6頭身に変身!

不満点は多々あるものの、遊び心満載の作品。


ドラえもん 迷宮大作戦

発売日/1989年10月31日 価格4900円 メーカー/ハドソン ジャンル/アクションパズル

アーケードの「キッドのホレホレ大作戦」をドラえもんにアレンジ移植されたアクションパズルゲーム。

敵を躱してフィールド上どら焼きをすべて集め、どこでもドアに入るとクリア。

全60ステージ中、30面と60面にはボス戦も!

オープニング・エンディングはアニメの雰囲気がしっかり出ているので、ドラえもん好きなら一度は遊んでいただきたい。

都留照人の実戦株式倍バイゲーム

発売日/1989年11月1日 価格9800円 メーカー/インテック ジャンル/シュミレーション

株式の売買をシミュレートしたシュミレーションゲーム。

チャートを参照に、株の売り買いをして目標金額に到達させていく。

チャートを見て銘柄を当てるクイズを楽しんだり、アドバイスをもらえるので初心者でも遊べるが、株の知識があっても難しい問題も出てくる。

ニュートピア

発売日/1989年11月17日 価格5800円 メーカー/ハドソン ジャンル/アクションRPG

悪魔ラファエルに奪われたメダリオンを取り戻し、ララン姫を取り戻すアクションRPG。

ハドソンが作った「ゼルダの伝説」といわれるほど酷似しているが、グラフィック・BGM・改善点など非常に素晴らしい。

Ⅰボタンの剣攻撃とⅡボタンのアイテム使用の簡単操作、遊びやすい難易度の名作ゲーム。




Huカードタイトル No.71~80

大地くんクライシス

発売日/1989年11月22日 価格6400円 メーカー/サリオ ジャンル/シミュレーション

モーモーランドの緑を取り戻し、ボスを倒す農業系シミュレーションゲーム。

ヤーレンという女性が火山を作ったことで大地は火山灰にまみれ、プルトンぞくの侵入を許してしまったモーモーランドを仲間たちと緑地化していく作品。

種を植え、収穫した野菜を売って収入を得て、島の75%を緑地化すればボスとのアクションパートへ。

完全な農業シミュレーションゲームではないが、原型とも呼べる作品。

ジャック・ニクラウス・チャンピオンシップ・ゴルフ

発売日/1989年11月24日 価格6200円 メーカー/ビクター音楽産業 ジャンル/スポーツ

70~80年代に帝王と呼ばれたジャック・ニクラウス監修のゴルフゲーム。

オーソドックスな内容だがコースを見下ろす視点ではなく、常に3D視点なのでコースがわかりにくい・・・。

テンポが悪く、全て英語表記なのでとっつきにくい作品ではあると思う。

麻雀学園 東間宗四郎登場

発売日/1989年11月24日 価格7980円 メーカー/フェイス ジャンル/麻雀

家庭用ゲーム機初の脱衣麻雀として話題を集めた2人打ち麻雀ゲーム。

初等部・中等部・高等部の3つのステージを順番にクリアしていく学園モードと、闇の雀士達によって支配された日本を救うため全国を駆け回る全国モードがある。

パワーを消費してイカサマ技が使えるほか、脱衣シーンではセレクトボタンを押すことで画面が変わる「緊急回避機能」が追加された。

全国モードの結末はかなりぶっ飛んでいるのでぜひ見ていただきたい。

バリバリ伝説

発売日/1989年11月29日 価格6600円 メーカー/タイトー ジャンル/レース

しげの秀一の漫画を原作にしたバイクレースゲーム。

レース前にはタイヤやサスペンションなど、細かくバイクのセッティングが出来るのがうれしい。

グラフィックの美しさとスムーズな動きが、PCエンジンのスペックの高さを感じさせてくれた作品。

16種類のコースを走る「TRAVEL」と世界戦に出場する「WGP」の2つのモードが遊べる。

ミスターヘリの大冒険

発売日/1989年12月1日 価格6700円 メーカー/アイレム ジャンル/シューティング

アーケードから移植されたサイドビュー視点のシューティングゲーム。

戦闘ヘリコプター「ミスターヘリ」を操作して、惑星の破壊をたくらむマッドサイエンティスト「マディ」を倒すことが目的。

メインショットの他に上部からミサイル、下部から爆弾を発射でき、特定のブロックを破壊して手に入れるクリスタルを使った買い物でパワーアップ。

カラフルで可愛いグラフィックだが、難易度がかなり高いのでプレイされる方は心して挑んでいただきたい。




USAプロバスケットボール

発売日/1989年12月1日 価格5600円 メーカー/エイコム ジャンル/スポーツ

コミカルなキャラを簡単操作で遊べるバスケットボールゲーム。

8つのプロチームから1つを選び、トーナメント戦・リーグ戦・エキシビジョンを戦える。

シュートをタイミングよく放った時には、カッコいいリアルなカットインが挿入されるので要注目!

忍 SHINOBI

発売日/1989年12月8日 価格6800円 メーカー/アスミック ジャンル/アクション

80年代の雰囲気が良く出ている硬派な忍者アクションゲーム。

主人公の「ジョー・ムサシ」を操作し、子供忍者たちを助けながら黒幕である犯罪組織「ZERO」の首領(マスクドニンジャ)を倒すことが目的。

アーケードからの移植作品で、PCエンジン版ではミッション数が削減され、ボーナスステージもなくなっているのは残念なポイント・・・。

ブルファイト リングの覇者

発売日/1989年12月8日 価格6300円 メーカー/クリーム ジャンル/スポーツ

勝つたびに成長して強くなり、チャンピオンを目指すボクシングゲーム。

世界王者を目指すチャンピオンモード、殺された父の仇を打つサバイバルモード、トーナメントを勝ち抜くトーナメントモードがある。

基本は純粋なボクシングゲームなんですが、サバイバルモードは横スクロールアクションゲーム。

1つの作品で2つのゲームが遊べるのは面白い作品。

PC原人

発売日/1989年12月15日 価格5800円 メーカー/ハドソン ジャンル/アクション

PCエンジンと言えばこの作品という人も多い名作アクションゲーム。

原始人の主人公を操作し、悪の大王「キングタマゴドンⅢ世」を倒すことが目的。

メイン攻撃の頭突きはジャンプして行うことで落下攻撃が出来たり、繰り返すことで滞空時間を伸ばすことが出来る。

ステージでという状する骨付き肉を食べることでパワーアップし、第一段階でPC猿人・二段階目でPC変人へと変身。

PCエンジンのアクションゲームで最高の売上本数を記録するなど、名作中の名作!

これがプロ野球’89

発売日/1989年12月20日 価格5800円 メーカー/インテック ジャンル/シミュレーション

セ・パ12球団のチームメイト選手名が実名の野球シュミレーションゲーム。

日本野球機構の認可を受けた作品で、監督として選手に支持を与えてチームを勝利に導いていく。

「オープン」「ペナント」「VS」モードが用意されていて、実名が使われているので当時のチームや選手を好きな方なら楽しめるかも・・・。




今回の高額タイトルTOP・3

それでは今回紹介した20タイトルの中から、高額のタイトルTOP3を紹介していきましょう。

(平均価格はAmazon・ヤフオク・駿河屋の販売価格を参考にさせていただいております。)

今回は箱・説付きでついに一万円を超えるプレミアソフトが登場します!

今プレイしても面白い神ゲーなので、ぜひチェックしてください!

それでは今回紹介したタイトルの高額TOP3を紹介していきましょう。

※新品は変動が大きく言い値のタイトルが多いため、中古市場価格を参考にしています。

第3位「麻雀学園東間宗四郎登場」

まず第3位にランクインしたのは、麻雀ゲーム「麻雀学園東間宗四郎登場」

状態によって値段は大きく変動しますが、市場では中古価格で2500~4000円ほどで取引されています。

高額の理由はこの作品が、家庭用の正規ゲームで初の「脱衣」要素があり、初回生産分しか販売されていないからでしょう。

ゲームとして特別面白い作品ではないですが、思い入れのある方や原点を知りたい方はお試しを!

第2位「忍 -SHINOBI-」

第2位にランクインした作品は、アーケードにかなり近いグラフィックを再現した「忍び -SHINOBI-」。

状態によって値段は大きく変動しますが、市場では中古価格で2000~6500円ほどで取引されています。

敵もかなり個性的なキャラが多く、かなりやりごたえのあるアクションゲームなので、未プレイの方は遊んでみてください!

第1位「ならず者戦闘部隊 BLOODY WOLF」

今回の高額タイトル第1位は、戦場を単騎で駆ける無敵の兵士となって撃ちまくるアクションゲーム「ならず者戦闘部隊 ブラッディウルフ」!

状態によって値段は大きく変動しますが、市場では中古価格で6500~10000円ほどで取引されています。

ファミコンの「戦場の狼」や「怒」が好きな方なら楽しめる作品でしょう!

レトロゲームの良さと難しさが詰まった名作です。

今回の要注目タイトル!オススメ作品!

こちらではぷちなまが独断と偏見で選んだ、面白いオススメ作品を紹介していきます。

今回オススメするタイトルは定番中の定番と言える作品ですが、まだプレイしてない方に知っていただきたいという思いから紹介するタイトルです。

紹介する作品は2タイトル! それではいってみましょう!

PC原人

PCエンジンの作品を遊ぶなら忘れてはいけないアクションゲーム「PC原人」。

コミカルに描かれた原始時代のグラフィックに加え、表情豊かな原人の可愛さはそれだけでオススメできる魅力があります。

簡単な操作と程よい難易度で、アクションが苦手な方にもオススメできる名作です!

ニュートピア

金額的には高い作品ではないですが、面白さではかなり高評価の「ニュートピア」。

トップビューでマップにいる敵と戦いながら進んでいくので、ゼルダの伝説にハマった方なら確実に楽しめる作品です。

1989年の作品ですが、素晴らしいグラフィックやBGMも楽しんでいただきたい。

 





まとめ

今回は個性的なタイトルが多いまとめ記事でしたが、思い入れのあった作品はあったでしょうか?

PCエンジンが発売されて間もない作品ばかりですが、同時期に人気だったファミコンとの性能差を感じられる作品ばかりです。

同時期に発売されたファミコンソフトと比べながら遊ぶのも、時代を思い出すレトロゲーマーとしての楽しみ方なのでお試しあれ。

高額ランキングとおすすめソフトは次のまとめ記事でも書いていくので、未プレイの作品があったら是非確認してみてください!

「【PCエンジン】発売ソフト一覧 ・タイトルリスト 早見表」の記事で全作品の紹介と、今回のような紹介記事のリンクを貼っているので、そちらも合わせてご覧ください。

【PCエンジン】発売ソフト一覧 ・タイトルリスト 早見表
PCエンジン全ての作品を紹介!高額すぎるプレミアソフトも⁉ ど~も!ぷちなま(@Gamer’s Life)です。 今回は多くの神ゲーを生み出したレトロゲーム「PCエンジン」のタイトルをまとめてみました。 全てのタ...
PCエンジンHuカードタイトルまとめ!ゲームソフトカタログ一覧その⑤
まだまだ登場するプレミアソフト!ついに紹介タイトル100本目! ど~も!ぷちなま(@Gamer’s Life)です。 「PCエンジン」で発売されているタイトルまとめとして、今回は発売日順から81~100作品のHuカードを紹介していき...




タイトルとURLをコピーしました