運命を決めるのは、たった一つの・・・。「無人島」【感想・評価・レビュー】

PC

何もない島で本当に必要なのは物?それとも人?

ど~も!無人島サバイバル経験者のぷちなま(@Gamer’s Life)です。

今回プレイしてきた作品は、無人島に漂着した主人公が体験する不思議な物語「無人島」。

ノベルゲームコレクションで加藤匠氏が配信されているフリーノベルゲームになります。

「無人島に何か一つ持っていくとしたら何を持っていく?」という話題は、誰でも一度は友人と話した事があるでしょう。

そんな妄想を不思議な物語と共に楽しませてくれるループ作品。

加藤匠氏の「公衆電話」を遊んだ事がある方なら、プレイしない理由はないですよね?

それでは、無人島に何か一つ持っていくとしたら?が運命を決める「無人島」の面白さを、感想と共にレビューしていきますのでお付き合いください。




かんたんなストーリー紹介!

主人公が目を覚ますとそこは見知らぬ浜辺だった。

仕事が激務でキツすぎたので、ヤケクソで無断欠勤。

使うヒマがなかった1年分の給料を持って旅行に出たが、船が嵐に遭ってしまったのだ。

浜辺から場所を変えようとしたが周囲は闇。「映画とかでよくある、無人島漂流じゃないか?」

ここが本当に無人島だったらどうしよう。

俺はふと、よく耳にする‶あの質問”を思い出していた・・・。

「無人島に何か1つ持っていくとしたら?」

「無人島」の楽しみ所!

何を持っていくかで変わる運命

まず考えなければならないのは、何を持っていくか?

それがこのゲームの全てなんです。

ぷちなまが最初に考えたのはナイフやライター、ネタとしては飛行機やドラ〇もんを選んでみました。

(ちなみに友人に同じ質問をしたら即答でぷちなまかTOKIOの誰か!という答えだったので笑った!)

選んだもの次第で生きれたり、帰れたり、幸せな結末を迎えたりと、未来が変わっていきますので、まずはあなたが必要だと思うものを選んでみてください。

選択次第ではそこから恋が始まるかもしれませんよ。

物語を追うごとに明らかになるキーワード

初めに必要なものが思い浮かばなかった場合、何も書かずに決定を押すとヒントが出てきます。

この方法で出てくるヒントは【船】なんですが、船を手に入れた主人公は最悪の結末を迎えてしまいます。

そして物語の中には【】で運命が変わる様々なワードのヒントがわかるようになっており、話が終わると次の物語へとつながっていくのが面白い!

物の他にも好きな人や同級生、会社の尊敬する上司まで求められるので、全てのキーワードを試してみましょう。

無人島で会う不思議な男、あるキーワードで・・・。

色んなワードから物語が進んで行くのですが、ほとんどの物語で謎の男に襲われてしまいます。

その男が誰でなぜこんなところにいるのかは、2つのワードから導き出される人物を求めることで明らかになりました。

見つけた手記には「自殺しても、漂着した日に戻る」「同じ日々をやり直している気がする」などの意味深な内容が書かれています。

5分ほどで終わる作品なんですが、明らかになったワードの数だけ物語があるので、1時間近くプレイしてしまう事になるでしょう・・・。




「無人島」のここが残念・・・。

誰もが一度は考えた事のある質問を、しっかりとゲームとして楽しませてくれた「無人島」なんですが、残念な部分も・・・。

まず一つ目はワードが違うだけで同じ時間軸を進んで行くので、同じ流れを何度も見なければならない事。

森に入る流れや楽園の流れは、何度も見ることになるでしょう。

二つ目は前作の「公衆電話」に比べて、選択肢と繋がりがあっさりしすぎていた事でしょうか。

まだ両方未プレイの方は、「無人島」→「公衆電話」の順番でプレイした方が楽しめるかも!

しかし物語を進めるたびに新しいワードを発見し、自分で新しい物語を見つけていると感じる新感覚ノベルゲームとしての楽しさはしっかりと伝わるので、一度は遊んでみましょう。

まとめ・感想

目が覚めると無人島に漂着し、1つだけ物が手に入る不思議で現実味のある物語を楽しめる「無人島」は、シンプルながらも新しいワードを試さずにはいられない名作でした。

物語を進めていく事でワードを見つけ出し、自分で新たな物語を発見した気分で楽しめる所が面白いです!

正直同じくだりが使われている部分に変化があったら、文章を読むのがもっと楽しめたかなと感じる部分もありました。

ほとんどのキーワードはプレイの中でわかると思うので、今回はまとめ・考察記事は書かないと思います。

もしかしたらまだ見つけていないワードがあるかもしれないので、いろいろ試してみましょう。

プレイ後にもしこれが現実なら、何を持っていくのが正解なんだろうと真面目に考えてしまった・・・。

最後に「無人島」のDLリンクと、製作者の加藤匠氏のHP(ツイフィール)・Twitterリンクを貼っておきますので、興味がある方は覗いてみてください。(「無人島」DLページ/HP/Twitter






タイトルとURLをコピーしました